みんゆう「5・7・5道場」

INFORMATION

■2017年5月テーマ「田舎者」&「題材自由」投稿作品掲載コーナーはこちら7月12日up

■第11期(2015年11月〜2016年10月)名人・準名人はこちら



★みんゆう「5・7・5」道場とは?★
読者の皆さんの気持ちを「5・7・5」の川柳調に託して表現するコーナーです。投稿された中から優秀作品は、当コーナーと弊社新聞紙上で紹介します。(投稿は下記フォームより)

★何をテーマに書けばいいの?★
7月のテーマは「余計なひと言」&「題材自由」です。
人とのコミュニケーションは、まずは会話から始まります。他愛もない話、たとえば天気の動向とか、昨日のプロ野球の結果とかで会話をうまく転がしていくのって大事です。そこに、いちいち余計な皮肉とか、悪意のある言葉とかを付け加える人っています。
 「あら、庭の草刈りですか。精が出ますね」「はぁ、仕事が忙しくなかなかできないでいたんです」「忙しいって素晴らしいことですよ。それだけ伸び放題にして平気でいられるのだから、オホホ」なんて。イラッときます。
 「先輩、残業お疲れ様です」「うん。次のプロジェクトの提案書をつくるの、やたらめんどくさいんだよ。部長は数字にうるさいからさ、しっかり計算しておかないと突っ込まれるだろ」「まぁ焦らずやることですよ。応援してます。じゃ」。なんか上から目線だよな。お前に応援なんかされたくない。「お手伝いします」の一言が欲しいんだよ!
 あなたの周りにもこういう輩(やから)がいませんか。空気を読まないで無神経なことを言う人とか、何かにつけて皮肉をまぶしてくる人。
 というわけで「余計なひと言」に関する皆さんの怒り、恨み、あるいは自分が言ってしまった「余計なひと言」に関する反省…。575に思いを託してみて下さい。
「題材自由」は、何をテーマにしてもOK!日々のぼやき・つぶやき・喜び・怒りなどなんでも結構です。


★作品の選考について
弊社生産企画部門と新聞編集部が担当します。特定の個人を誹謗中傷する内容の作品など、公表を控える場合があります。
大賞2点・敢闘賞数点を、弊社ホームページ&新聞紙面で紹介します。なお、年間を通した優秀投稿者様には、別途賞をお送りしますので、ペンネームや投稿の際のメールアドレスはできるだけ毎回同じものでお願いいたします。※変わる場合はその旨記入して投稿していただければOK。

★大賞の方には…
毎月、優秀作大賞2人に景品を贈呈します。景品については、大賞作品発表後1ヶ月前後を目安にで弊社からメールまたはお電話にてお知らせいたします。

●7月のテーマ…「余計なひと言」&「題材自由」
●募集期間…平成29年7月31日(月曜日)まで

送信フォーム
お名前(ニックネーム可)※入力必須
年齢・性別(例/24才・男)※入力必須
Eメール※入力必須
川柳をお書き下さい※入力必須
投稿作品のテーマ(「余計なひと言」「題材自由」)を明記後、川柳をご記入して下さい。
次回取り扱って欲しいテーマがあったらお書き下さい


(C)北海民友新聞社