みんゆう「5・7・5道場」

INFORMATION

■2017年7月テーマ「余計なひと言」&「題材自由」投稿作品掲載コーナーはこちら9月13日up

■第11期(2015年11月〜2016年10月)名人・準名人はこちら



★みんゆう「5・7・5」道場とは?★
読者の皆さんの気持ちを「5・7・5」の川柳調に託して表現するコーナーです。投稿された中から優秀作品は、当コーナーと弊社新聞紙上で紹介します。(投稿は下記フォームより)

★何をテーマに書けばいいの?★
9月のテーマは「一強」&「題材自由」です。
一人だけ強くて、他はみんな弱いという「一強」。安倍晋三総理の政権はずっと「一強」と言われてきました。森友学園や加計学園の問題ですっかり支持率を落としてしまいましたが、北朝鮮のミサイル発射による国民の危機感から、アメリカとの連携を強める安倍政権が再び高い支持を得るかもしれません。
さて、「一強」は政治の世界だけではありません。「ウチの会社はワンマン社長の一強体制だ」と嘆く人もいるはず。「いやいやウチの家族だって、妻の一強長期政権。革命を起こしたいが、子どもたちはみんな母親派で…」とぼやく旦那さんも多いでしょう。
でも「一強」の良さはなんだかんだ言って安定していること。せっかく一強を倒しても、次の首脳陣が弱い者の寄せ集めでは意見がまとまりません。「船頭多くして船山に上る」ということわざにあるように、強いリーダーがいない組織は、とんでもない方向に進みかねません。
というわけで一強をめぐっての悲喜こもごもを川柳で表現してください。川柳ですからユーモアを忘れずに。
「題材自由」は、何をテーマにしてもOK!日々のぼやき・つぶやき・喜び・怒りなどなんでも結構です。


★作品の選考について
弊社生産企画部門と新聞編集部が担当します。特定の個人を誹謗中傷する内容の作品など、公表を控える場合があります。
大賞2点・敢闘賞数点を、弊社ホームページ&新聞紙面で紹介します。なお、年間を通した優秀投稿者様には、別途賞をお送りしますので、ペンネームや投稿の際のメールアドレスはできるだけ毎回同じものでお願いいたします。※変わる場合はその旨記入して投稿していただければOK。

★大賞の方には…
毎月、優秀作大賞2人に景品を贈呈します。景品については、大賞作品発表後1ヶ月前後を目安にで弊社からメールまたはお電話にてお知らせいたします。

●9月のテーマ…「一強」&「題材自由」
●募集期間…平成29年9月30日(土曜日)まで

送信フォーム
お名前(ニックネーム可)※入力必須
年齢・性別(例/24才・男)※入力必須
Eメール※入力必須
川柳をお書き下さい※入力必須
投稿作品のテーマ(「一強」「題材自由」)を明記後、川柳をご記入して下さい。
次回取り扱って欲しいテーマがあったらお書き下さい


(C)北海民友新聞社