みんゆう「5・7・5道場」

INFORMATION

■2016年12月テーマ「北国あるある」&「題材自由」投稿作品掲載コーナーはこちら

■第11期(2015年11月〜2016年10月)名人・準名人はこちら



★みんゆう「5・7・5」道場とは?★
読者の皆さんの気持ちを「5・7・5」の川柳調に託して表現するコーナーです。投稿された中から優秀作品は、当コーナーと弊社新聞紙上で紹介します。(投稿は下記フォームより)

★何をテーマに書けばいいの?★
2月のテーマは「営業マン」&「題材自由」です。
営業マンは企業活動の最前線に立つ人。自社製品の魅力をアピールし、買ってもらうまで粘ります。粘りすぎても嫌われますから、さりげなく引いて、次の商機につなげる賢さもなければなりません。世間話もできて、話題も豊富。野球、相撲などの結果はもちろん、政治経済の動向も常に頭に入れておきます。嫌われても、邪険にされても決してへこたれない。ああ、営業マンってこれだけ凄いのに、なかなか評価されません。社内でも「営業マンなんだから売って当たり前だろ」なんて、ノルマをさらに上乗せされたりして。でも、この世知辛い世の中を生きる人は皆、営業マンに学ばなければなりません。夫婦関係だって、お互いが営業マンとしてのセンスが必要。相手の心を動かす時には、まず相手をほめ、相手をその気にさせ、気持ちよく納得させてあげないと物事は進んでいきません。なに? 私はウチの旦那が何か言えばまず否定する、旦那を問い詰めて口で屈服させるのが楽しい、旦那をそもそも人として認めないですって? 夫婦なんて所詮は他人。お互いが営業のセンスをもって、下手(したて)に出ながら付き合っていかないと、いつか大変なことになりますよ。というわけで人生に必要な営業センスに思いを馳せつつ、営業マンの悲喜こもごもを575で表現してみましょう。
「題材自由」は、何をテーマにしてもOK!日々のぼやき・つぶやき・喜び・怒りなどなんでも結構です。


★作品の選考について
弊社生産企画部門と新聞編集部が担当します。特定の個人を誹謗中傷する内容の作品など、公表を控える場合があります。
大賞2点・敢闘賞数点を、弊社ホームページ&新聞紙面で紹介します。なお、年間を通した優秀投稿者様には、別途賞をお送りしますので、ペンネームや投稿の際のメールアドレスはできるだけ毎回同じものでお願いいたします。※変わる場合はその旨記入して投稿していただければOK。

★大賞の方には…
毎月、優秀作大賞2人に景品を贈呈します。景品については、大賞作品発表後1ヶ月前後を目安にで弊社からメールまたはお電話にてお知らせいたします。

●2月のテーマ…「営業マン」&「題材自由」
●募集期間…平成29年2月28日(火)まで

送信フォーム
お名前(ニックネーム可)※入力必須
年齢・性別(例/24才・男)※入力必須
Eメール※入力必須
川柳をお書き下さい※入力必須
投稿作品のテーマ(「営業マン」「題材自由」)を明記後、川柳をご記入して下さい。
次回取り扱って欲しいテーマがあったらお書き下さい


(C)北海民友新聞社