みんゆう「5・7・5道場」

■3月テーマ「客と店員」&「題材自由」■
■投稿作品掲載コーナー■

沢山の投稿、ありがとうございました。今回は以下の作品が見事選ばれました。


★大賞作品★

○テーマ「客と店員」
「有名に なり常連が 来なくなり」(松永智文さん・34才・男性)
(選評--地元では知る人ぞ知る穴場スポットだったあの店。洒落た雰囲気のなかでマスターの創作料理とカクテルが楽しめた。俺たちの隠れ家的な店だったんだ。それが誰かがフェイスブックで紹介したおかげで、どこの馬の骨か分からん奴らまでワサワサ来るようになっちゃった。テレビの取材班まで来た日にゃ、マスターもすっかり舞い上がって有名人気取り。ああ、もうこの店もおしまいだ。)

○題材自由
「先の無い 人が未来を 決めている」(よもやま話さん・73才・男性)
(選評--80歳、90歳になってもリーダーに居座っている人は多いですよね。「わが社は日本の未来を担っていく」なんて90歳の社長が言っても説得力に欠けます。そろそろ次の世代に譲ったらどうですか。社会はドラスティックに変化しています。フランスの新しい大統領なんて39歳ですよ!)



★敢闘賞作品

○テーマ「客と店員」
「顔を見た だけで出てくる Bランチ」(松永智文さん・34才・男性)

「君の名は 聞けず毎日 同じレジ」(歌仙草さん・64才・女性)

「お釣りに手 添えられてから 常連に」(松永智文さん・34才・男性)

「店員と いつも間違え られる父」(船岡五郎さん・70才・男性)

「クレームは 社員じゃダメだ バイト出せ」(落犀庵さん・63才・男性)

「品揃え より店員で 決めた店」(汐海岬さん・44才・女性)

○題材自由
「返納し 安心くれる 免許証」(てぬき親父さん・65才・男性)


2月テーマ投稿作品掲載コーナーはこちら



(C)北海民友新聞社